アンフィニカスタムワークス

アンフィニカスタムワークスについて

アンフィニカスタムワークスは、音や弾く事を楽しむためのサービス、アコースティックサウンドの音作りに必要な関連商品を開発・製造・提案・提供する専門ショップです。
開業前のプロオーディオ業界、楽器業界、音楽ソフトウェア業界等での数々の業界を渡り歩き各現場で収得した知識と技術を活かし、音の入口から出口、アナログからデジタルまで、機材の使い方を含め、皆様のギターサウンドメイクをトータルサポートします。

History

2006年9月
自宅の一室で開業
演奏する方が、少しでも快適にいい音で演奏できるよう、楽器の特性を最大限に引き出し、おひとりおひとりの弾き方に合わせた調整を行うアコースティックギター専門のチューンナップショップとして開業。

2007年1月
オリジナルコンタクトピックアップの開発・製造・取付に着手
押尾コータロー氏の活躍により、ソロギターブーム到来。ピックアップ取付の依頼が増え、当初は一般販売されていた既製のピックアップを取り付けていたが、思うようなサウンドが得られず、元々電子工作が得意だったので、楽器の音をそのまま取り出せるピックアップの開発・製造に着手。同時にそのピックアップの音を活かせる既存のアンプがなく、当時既にソロギタリストの間では絶大なる支持を得ていたM-factory様に相談。賛同を得て弊社用に仕様変更したPM-200efを製造いただき、弊社オリジナルコンタクトピックアップともに販売開始。

2009年2月
PYRAMIDストレート弦取り扱い販売開始
2008年米国出張でルシアーとしてアメリカで活躍した元同僚のTAKU SAKASHITA氏を訪ねた際に薦められ帰国。当時日本に輸入代理店がなかったため、同じく元同僚の株式会社モントルーの前社長・白熊氏と相談し、PYRAMID社に交渉。正規輸入代理店としてパッケージ弦は株式会社モントルー、ストレート弦は弊社にて日本での販売を開始。

2009年3月
自宅近所に店舗物件を借り作業場開設

2011年1月
大阪市内のホテルにて初イベント:出張診断+交流会開催

2011年9月
大阪市内のホテルにてアンフィニオリジナルギター試奏会開催

2011年11月
サウンドメッセ in 大阪に初出展。
展示会終了後、大阪市内のホテルにてセミナー開催。

2013年3月
自社ブランド初のプリアンプR-Zeroの開発に着手
より生音に近いピックアップサウンドの再現性を追求し、前職のプロオーディオ業界でスタジオ機器に携わっていた頃の繋がりで、トラブルの許されない緻密なスタジオ機器をワンオフで開発製造している協力工場に、プリアンプの製造を依頼。

2013年11月
R-Zeroclick発売開始。サウンドメッセ in 大阪にて発表
展示会終了後、大阪市内のホテルにてセミナー&西村歩氏&ぷう吉氏ミニライブを開催。

2014年4月
防音デモルームスタジオ開設
自宅リフォームに際し、しっかりと音を聞いていただくことができるよう防音デモルームを設置。

2014年8月
コラボレーション商品epasを発売(2016年11月販売終了)
初心者向けに導入しやすい価格帯のプリアンプを…と製造会社の協力を経て商品化。

2015年2月
コラボレーション第2弾 epasEQ+を発売(2016年11月販売終了)
epasにEQ調整機能を追加した商品を販売開始。

2015年11月
アコースティックギターサミット(東京銀座)初出展
井草聖二氏のワークショップに参加。サウンドメイクについてトーク。

2015年11月
サウンドメッセ in 大阪にてFidelity D.I.とBatteryを発表
PPステージ1日目:逆瀬川剛史氏 & Okapi氏、2日目:井草聖二氏 & 伍々慧氏による、R-Zero、Fidelity D.I.、Batteryのデモンストレーション。展示会終了後に、大阪市内のホテルにて矢後憲太氏ミニライブ付懇親会を開催。

2015年12月
ハイクオリティー・ダイレクトインジェクションボックスFidelity D.I.click発売

2016年4月
デュアルチャンネル・コンパクトヘッドアンプユニットBatteryclick発売

2016年8月
コラボレーション第3弾 epasSTAGEを発売(2016年11月販売終了)
epasとepasEQ+を1つのユニットに集約して商品化。

2016年11月
京都ワタナベ楽器店様にてセミナー初開催
1日目:okapi氏、2日目:伍々慧氏によるサウンドメイキング講座 & インストアライブ開催。

2017年4月
サウンドメッセ in 大阪にてR-ZeroTraveler発表
展示会前に京都ワタナベ楽器店様にてアコギサウンドメイキング講座 & 矢後憲太氏ミニライブ、展示会終了後に大阪市内のホテルにて診断 & 試奏会開催。

2017年12月
R-ZeroTravelerQUATTRO & PENTAclick同時発売

2018年8月
広島と鳥取米子にて診断会 & セミナー & 試奏会開催
5日に広島のCafe Studio Kissaco様にて診断会 & 試奏会 & さらさミニライブ、11日に鳥取県米子市の音楽天国米子FS店様にてギター診断・相談会 & ライブサウンドメイクセミナー&ミニライブ開催。

2019年5月
サウンドメッセ in 大阪出展
R-Zero Concept シリーズ商品とアンフィニオリジナルギターとともに初製作したエレキベースも参考出品。
1日目ホワイエステージにて伍々慧氏 & 西村ケント氏によるR-ZeroTravelerデモステージ、2日目エレクトリックステージにて櫻井哲夫氏のベースでのFidelity D.I.とR-ZeroTravelerのデモステージを開催。また櫻井哲夫氏のブース内デモにおいては、初の試みとして専用ワイヤレスヘッドホンを装着して聞いていただくサイレントデモンストレーションを実施。
展示会前には大阪市内のホテルにて個別相談会開催。

2019年11月
ピックアップシステムの試奏のため、フィンランドのPetteri Sariola氏を訪問
同時に海外マーケティングを兼ねたドイツとフィンランドの楽器店視察旅行
ドイツPYRAMID社表敬訪問

Enfini Custom Worksのアコースティックサウンドの音作りがどのように捉えられるのか、実際の音を聞いてもらい、意見や感想を直接聞いてみたいと、Petteri Sariola氏に試奏を依頼。忙しい中にも関わらず、お時間をいただくことができたので訪問。その時の様子はこちらからclick
またせっかくの機会なので、ドイツへも足をのばし、取引先でもあるPYRAMID社へもご挨拶。その他、Petteri氏愛用のCuntzギター、ベーシストでもある店主の個人的興味でWarwick社の工場見学、世界的規模で楽器の通販を手掛けるMusikhaus Thomannをはじめとする楽器店などを視察。

2020年1月
NAMMショー視察
Lee Guitars Bluetooth温湿度計clickK・TAR社ペグclickとの出会い。
以前R-ZeroTravelerについてSNSで問い合わせをいただいていたアメリカ人ソロギタリスト数人と会場にてご挨拶。そのうちのひとりMatt Thomas氏がMartinezブースでのデモ演奏時にMartinez Guitars社Alex社長様の許可を得て、ブース試奏用として使用されていたACUSアンプに、R-ZeroTravelerを追加。Matt氏デモ演終了後取り外そうとしたところ、続いてデモ演されたYasmin Williams氏からも使わせて欲しいと切望され、そのままご使用いただき、Matt氏やAlex社長様をはじめ、Yasmin氏と彼女のお母様、通りがかりのお客様からも好評いただく。
帰国日前日に、お世話になった通訳の方から、当時流行だした「謎の病気」で空港での検疫が強化されるとの情報をいただく。(後にこれがコロナ感染症と判明。世界中を巻き込むパンデミックへと発展。渡航前から日本でもニュース等で注視されてはいたものの、生命を脅かす程の感染力の強い感染症とは、当時は予想もしていなかった)

2020年4月
PYRAMID社170周年記念お祝いFacebookページclick開設
2019年11月の訪問をきっかけに、PYRAMID社が170周年を迎えるということで、株式会社モントルー様と共同でページ開設。PYRAMID社の近くにお住まいで、訪問時にお世話になった通訳の根元様ご夫妻がアンフィニカスタムワークスのドイツマーケティングスタッフとして、Max社長様のご協力のもと、PYRAMID社や楽器のルーツ、ものづくりに対する考え方、ギター・ベース・ウクレレ弦のラインナップ紹介等々、インタビューを実施。字幕をつけて動画等投稿開始。同時にお客様から寄せられたご感想や販売店様のご紹介なども掲載。

2020年6月
K・TAR社製ペグ取り扱い販売開始
同時に、日本でも採用しやすいようにシャフトの長さやペグボタンサイズを変更した日本仕様の製造を依頼。

2020年12月
Lee Guitars Bluetooth温湿度計輸入販売開始
本来、もっと早期に日本での一般販売を開始し、日本の高温多湿の夏場に有効活用して欲しいと考えていたものの、コロナの影響もあり生産が遅れ12月から販売開始となる。外出先からの確認を可能にするための専用Gateway Wifiユニットはお正月入荷となり2021年1月販売開始。

2021年4月
出展予定だったサウンドメッセ in 大阪、コロナ感染再拡大により中止
2020年のNAMMショーで出会った商品を紹介したいと出展準備をしていたものの、開催直前に新規コロナ感染者数が東京を上回る状況となり、願いは叶わず。